風速センサーでお困りならここで見つかる!風速センサー徹底比較!

性能の正確な情報を集めること

自然現象の中には、風があります。その風の強さを計測するセンサーがあり、それによってその強さを知ることができます。ニュース番組などの天気予報でも、風の強さを伝えており、農業や漁業などの役に立てられるようにしています。また、風の強さでは、高所での作業が危険になってきます。予報で天気や風速を事前に知ることで、安全な作業を行うことができます。

風速をきちんと知るには、ニュース番組の情報だけではなく、現場に風速センサーを取りつけることも有効になります。そこで、どんな性能を求めるかが、比較のポイントになってきます。やはり、正確さは大事な部分です。

また、個人で全ての機械を比較していくには、大変な労力が必要になります。そこで、すでに比較しているサイトを活用することで、知りたい情報をすぐに手に入れることでき、購入の参考にできます。購入したら、すぐに計測できる場所に設置できます。

フィールドプロ

オススメ度 ★★★★★
サービス性 ★★★★
利便性 ★★★★
情報充実度 ★★★★★
満足度 ★★★★★

フィールドプロは新エネルギー対策として、ここ数年で風力発電が増加傾向にあります。また、強風災害も多発しており、実際にどのくらいの風速があるのか、そして、最大風速や平均風速は?風観測システムは、風向風速計(1高度または2高度)とデータロガーにより平均風速・最大風速・風向(ベクトル平均または標準偏差)・最大風速時の風向など、あらゆる風のデータが記録することが可能です。風速センサーは高度ポールや観測タワーに取り付けて、風力発電システムの事前調査、常時観測などの用途にも使用できます。

地球保護と人の未来を真剣に考え、そのために有益な環境モニタリングに特化した研究・開発を推進しています。フィールドプロの活動が、環境保護に結びつき、人類の未来を明くします。気象・環境観測も重要なテーマですが、現在、新エネルギー対策として、太陽光発電や風力発電を利用した自然エネルギーも重要な課題です。国が、組織団体や個人住宅にまで太陽光発電や風力発電を設置することを働きかけています。

風向風速表示器06201Y+05103Yは表示器は小型・軽量なので、机上に据え置き可能、風向風速表示器06201Y+FTJ500は小型・軽量なので、机上に据え置き可能、風向風速表示器FTJ500+LM-WINDは風向・風速のデータは SD カードに記録可能です。すべて飛行機型風向風速計の風向・風速値をリアルタイムで表示されます。ワイヤレス気象モニター FM140は離れた場所の気象データをパソコン画面に表示、風向風速計は 3種類から選択可能、太陽電池パネルで長期間計測です。風速センサーも種類もあり目的に応じて選べます。

公式サイトはコチラ

シスコム 

オススメ度 ★★★★
サービス性 ★★★
利便性 ★★★★★
情報充実度 ★★★
満足度 ★★★

小型の風速センサーと言えばシスコムに定評があります。シスコムの風速センサーは他社のものと比べても小型で精度が高いことが特徴です。最大で32chまで風速と温度を測定することができることも強みのひとつです。

また、アプリケーションソフトウェアによって自動計測、解析、レポート作成などを簡単に行うことができます。各風速、温度センサーに個別の「シリアル番号が付いているため、PCによる自動認識を行うことが可能となっています。

その他にも、オプションのアナログ変換器を利用することで、風速と温度のリニアアナログ出力も得られるので、データロガーユニットへの取り込みもできるので、他のデータパラメータとの同期取得も可能となっています。

公式サイトはコチラ

日本カノマックス株式会社

オススメ度 ★★★★
サービス性 ★★★
利便性 ★★★★
情報充実度 ★★★★
満足度 ★★★

日本カノマックス株式会社の風速センサーのご紹介です。日本カノマックス株式会社の風速センサーは、コンパクトで持ち運びやすいものが多くあります。また、用途に合わせて商品を選択できるので、自分に合った物を選ぶ事ができます。

仕様によって、価格もさまざまなので、コストに合わせて商品を選ぶのも良いですね。多機能計測器は、室内空気品質測定やクリーンルーム等の環境測定も、1台で必要な測定を行う事ができます。サイトを見る事で、より詳しく比較する事ができます。

風速だけでなく、温度、湿度、風速、圧力や快適度など さまざまな項目を測定できるものもあります。風速測定に対応した測定器の多くは、圧力などの測定器にも対応した、マルチ環境測定器です。

公式サイトはコチラ

株式会社日本エレクトリック・インスルメント

オススメ度 ★★★
サービス性 ★★★★★
利便性 ★★★
情報充実度 ★★★
満足度 ★★★★

株式会社日本エレクトリック・インスルメントは、風速センサーをはじめ、多種多様なセンサーを取り扱う会社です。株式会社日本エレクトリック・インスルメントでは、風向き風速以外にも、地震や水位、気温、湿度などのセンサーも扱っていて、便利です。

また株式会社日本エレクトリック・インスルメントは、用途に合わせた商品の提案をしてくれます。例えば、船舶に積む部品の場合は、風向き風速計の他に、海上気象観測システムや風向き風速監視システムが必要、といった感じです。こうして、適切な部品を購入できます。

さらに株式会社日本エレクトリック・インスルメントの製品は、様々なところで使われてきます。環境や船舶に対して使われる他、公共交通やさらには消防の場面にも使われ、確かな実績があります。

公式サイトはコチラ

鶴賀電機株式会社 

オススメ度 ★★★★
サービス性 ★★★
利便性 ★★★
情報充実度 ★★★
満足度 ★★★

鶴賀電機株式会社では、様々な計測器を扱っています。その中には、風速センサーもあります。この会社では、5種類の風速センサーを扱っており、必要な用途に合わせた風速センサーを購入することができるのではないかと考えられます。

この会社は、昭和35年に設立した会社ですので、約70年の歴史を持っています。ですので、その長い年月で培った技術やサービスにより、顧客のニーズに応じた満足できる良いものを提供してくれるのではないかと考えられます。

この会社では顧客のニーズに応える良いものを提供するため、常に品質、コスト、納期の向上を意識しています。ですので、高品質でお手頃な風速センサーをすぐに手にすることができます。

公式サイトはコチラ

光進電気工業

オススメ度 ★★★
サービス性 ★★★★
利便性 ★★★★
情報充実度 ★★★★★
満足度 ★★★★★

光進電気工業では風速センサーを初めとする、様々な気象観測システムの機械を常に行っています。中でもわが国で初めて、プロペラ型風速計の開発を成功させた功績は自慢であり、現在の機会の開発や気象データの収集に役立っています。

また開発している気象システムは様々な分野で役立てていただいています。例えば鉄道や航空業界などの運行が天候に左右される会社で、運行計画を立てるために導入されたり、収穫が天候によって変わる農業や漁業の分野でも活用されています。

また一般人にも役立つ物として開発されたのが電子マスクです。電子の力で病原菌、花粉の侵入を防ぐマスクになります。花粉症対策や風邪の予防、ウイルスの院内感染の予防などにも適しています。

アナログ式とデジタル式の違い

風速センサーには、アナログ式とデジタル式のものがあります。この違いを知ることが大事です。トーニックという会社であれば、簡単にアナログ式もデジタル式も選択して、購入することが出来ます。アナログ式のものは、ローコストで活用することが出来るという部分が魅力です。
データを集めることも出来ます。デジタル式は、パソコンと組み合わせて使うことによってデータの収集、蓄積、解析が可能になっています。コストは、かかりますがその分質の高いデータを手に入れることが出来ます。
アナログで十分な場合は、こちらを選択する企業や個人も多いということからアナログの需要もかなりあります。現在では、こうしたアナログやデジタルを選択することが重要になっています。風速センサーを活用することによって、様々なことが分かります。

風速センサーは、機能性が最大のポイントになっています。実際に、利用する場合にはどのような機能を備えている製品なのかをチェックすることが大事です。トーニックという会社の製品であれば、デジタルやアナログどちらも高い品質の製品を購入することが出来るようになっています。
機能性が高いということによって、風速センサーとしてより正確なデータを集めることが出来ます。最近では、トーニックのように製品の詳細をサイトなどでチェックすることが出来るようになっています。
どのような製品があるのかをきちんとリサーチしておくことも大事です。そうすることによって、機能性に対する可能性も広げることが出来ます。また、必要になるコストも様々な形で変化していくことになります。コストを含めて必要な製品をきちんと調べて見つけることが重要です。

風速センサーは、それぞれ違いがあります。こうした違いをきちんと理解しておくことが重要です。そのことによって、より適切な製品を選択することが出来ます。現在では、比較することが出来る製品はたくさんあります。
そうした理由から、風速センサーはきちんと調べて適切なものを見つけることがポイントです。どのような場面で利用するのかや目的はどんな部分なのかということも大事です。費用やコストもきちんと見直して考慮することによって、費用対効果の高い製品を見つけることが出来るようになっています。
どのような風速センサーを利用するのかによって、得られるデータと得られないデータがあります。より、詳しい情報を取得したい場合はコストがかかってもデジタル製品を選択する必要性があります。パソコンと組み合わせて使えることは、データ管理の側面からも魅力があります。